当社の強み
STRENGTH

提案型の業務スキーム

電話・メール等で御依頼をお伺いした後、頂いた要件・図面・CADデータ等を参照し、過去の経験に基づき低コストでの製造方法の御提案を行います。
低コストのお見積りを御提示出来るのも、過去のノウハウとIT技術を駆使したシミュレーションという根拠がある為です。
弊社へ御依頼頂くメリットを、自信を持って御提案することが出来ます。

充実した設備

アルミ鋳造においてのワンストップ対応にこだわりを持ち、工場内に多くの設備を配置しております。
大型のアルミ鋳造とそれに付随する業務がすべて自社内で対応出来る体制の為、そのノウハウを活かしたコストメリットのある御提案が可能です。

熟練の技術と経験

光洋精機創業から培われた技術は、現代まで受け継がれ、最先端技術の導入により進歩を続けています。
先代から続く社員も現役でその力を奮っており、若い世代にも引き継がれ、新しい芽も育つ環境にあります。
長年の技術と経験を、ITや最先端技術を駆使して最大限に引き出し、お客様へ還元致します。

  • 砂型鋳造課
    小熊 利明1990年4月10日入社
    私は入社時に鋳造課に配属されました。現在は砂型鋳造、低圧鋳造、グラビティ鋳造を担当しています。
    お客様が満足できる製品をお届けできるよう業務に取り組んでいます。
    また、今までの経験や知識、物作りの楽しさ・厳しさを、若手作業員やインドネシア実習生に伝えていくことも私の業務の一つと思っております。
  • 金型鋳造課
    大場 孝一1991年4月15日入社
    私は入社時に、砂型鋳造・金型鋳造両方に従事し、その中でも金型鋳造をメインに仕事をしてきました。
    砂型と金型とは仕組み・業務の流れが全く異なり、金型では低圧鋳造・大型鋳造に力を入れ、一通り学びました。
    今後も鋳造課として、長年の経験を生かして、大型鋳造・整備関係の品質向上ができるよう、業務に取り組んでいきたいと思います。
  • 品質保証課
    大浦 竜司2007年12月1日入社
    私の主な業務は新規品の立ち上げ時の品質チェック、量産品に不具合があった製品の原因追求・再発防止対策の実施です。
    近年は鋳物の品質要求も高くなりつつある為、ハイクオリティーの鋳物をお客様にご提供できるよう、「妥協なきモノづくり精神」「お客様志向でのモノづくり」をモットーに、培った技術と経験を活かし業務に取り組んでおります。
  • 仕上げ課
    菊池 純也2008年4月1日入社
    私は入社時に仕上げ課に配属され、仕上げの基本、曲がり修正・検査、熱処理の方法を学び、今現在も仕上げ作業に携わっております。
    現場では、品質保証課や案件担当者と連携し仕上げ方法・修正方法を協議し、不具合や改善点を砂型鋳造課・金型鋳造課と共有し、より良い製品をお客様に納品できるように業務に取り組んでおります。

page top